« 長崎旅行その1 つづき 10月6日 | トップページ | 長崎旅行その3 10月8日 »

2008年10月18日 (土)

長崎旅行その2 10月7日

はやく書かないと忘れてしまそうなのでかいつまんで報告(笑)

2日目
あさから「わー」とか「ドンドン」とか音がたまにするので目がさめる。たぶん8時頃。
TVをつけるとやってるやってる、どのチャンネルでも「長崎くんち 奉納式」
場所は諏訪神社。
「ん?諏訪って甲府の。。。??九州なのになんか関係アリ??」
このことについては深い歴史があるので別でまた追記。

TVを見ていたらいろいろと解説も交えてだったのでちょっと勉強になりました。
とりあえず諏訪神社で奉納式をやって、それから神輿が大波止までおりてくるらしい。
その距離、長崎駅をかすめて数キロ。
今日7日はお下りといって、ご神体が大波止に特設された御旅所にやってくる日。

昼前に大波止(出島のところです)にいって屋台でも、と思ったら!

Nec_0226

大波止もすごいことになってましたw

Nec_0232

奉納祭おわった出し物からがんがん大波止にやってきて、こんどはこちらで出し物をやっていたみたいです。
おお、これ、さっきTVでみたよーってやつを結構やっていたり。

なんといってもすごいのは大波止の御旅所での演舞おわったあとにホコテンになっているとこでもがんがん舞っていたり。

Nec_0240

Nec_0243


Nec_0236


Nec_0239

中でもすごいのはやっぱり、じゃ踊りと呼ばれるこの龍のやつですねー
中国のドラとか叩き物をがんがん鳴らしながらすごい狭いとこにはいっていっちゃったりしながらあっちこっちで舞いまくってましたよ。

Nec_0233

まっ!ボクははし巻きとか焼き鳥とかたべながらこんな感じだったんですがw

Nec_0231

そして午後は長崎本線と島原鉄道を乗り継いで1時間半ほどかけて島原市に移動。

島原城です!
Nec_0251

なぜ島原かっていうと、やっぱり温泉は入っておきたいなあ、と思っていたのと
やっぱり長崎といえば島原の乱!天草四郎の銅像に会っておこうっていう歴史ヲタ的な、、、(以下略

で、事前調査の結果
島原市には天草四郎の立てこもった城は無かったということ!
島原城は違う城だったんですね~~

天草四郎の立てこもった城はここから更に島原半島の先端までいった原城というところだということ。
ただ、ガイドによれば島原市もなかなかに風情のありそうな町だったので今回行ってみることにしました。
で、上の画像の島原城(笑)

城の中は4~5フロア全部資料館になっていました。
それこそ島原の乱の資料や、当時のキリシタンのロザリオや陶器、武者の鎧兜甲冑やその他島原に関するいろいろな資料。
ただ、江戸時代のものがやはり多かったですね。

この島原城はこの4万石の地方都市にしては非常に堅固な城で、島原の乱の際に怒濤のごとく一揆軍が押し寄せても幕府軍が守りきって落ちなかったみたいです。

たしかに堀は深いし、塀は何重にもなっていて堅固な城でした。

そして島原は湧き水の街。
Nec_0247


Nec_0258

海が近いんですが雲仙のふもとなのでいたるところで湧き水が。

あ、そうそう!島原城のそばで具雑煮なる郷土料理をいただきました。

Nec_0255

島原の乱の際に一揆軍がつくったものが原型とされるみたいですが、真実やいかに?
海のもの、山のもの、畑のものいろいろ入ってるんですが味はすっきりとした美味しいものでした。

意外にビールにあうんだなこれが(笑)

その3につづく

|

« 長崎旅行その1 つづき 10月6日 | トップページ | 長崎旅行その3 10月8日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎旅行その2 10月7日:

« 長崎旅行その1 つづき 10月6日 | トップページ | 長崎旅行その3 10月8日 »