2012年1月 2日 (月)

エール(仮詞)

いくつも願い そう 願い続けてきたことが
どうしょうもなく無意味に感じるそんな時も

流れる星も そう 祈り続けてきた月も
気づかずいた うつむいてた そんな夜も

ありったけの想いをこめて いまこうして歌ってみる
そして届くといいな こんなメロディー
すぐそばで流れ出せば

涙はほら のこさずほら ぬぐっていけるよね
今迷わずにエールおくる
笑顔がほら 一番ほら 素敵に見えるから
もう顔あげて前へ 大丈夫だよね


時はかわらず 今同じ時を刻み続けてる
楽しいとき 切ないとき 迷えるときも

きみがこぼす悔しさの涙 今僕はわかってるよ
そしてがんばってるきみを応援できる
そんな歌がうたいたくて

涙はほら のこさずほら ぬぐっていけるよね
今精一杯エールおくる
笑顔がほら すべてをいま 素敵にかえていく
ひとりきりで泣いてないで


もう顔あげて前へ 大丈夫だよね
どんなときも見守っているから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

恋したら、君は

無理に元気だしてみせて
明るく振舞ってた
こんな無邪気な君が
昨日までは泣きじゃくって

まるで子供みたいねって 急に走り出してみせて
転んじゃって ひざすりむいちゃって だけど

恋したら、君は
長いまつげ震わせて
今、哀しみをのりこえていく
恋すると、君は
長い髪をなびかせて
明日へと ほら かけ出して行く


すべてかばんにつめこんで がんばってみせる君が
今一番 ステキだよって
そして

恋したら、君は
熱い想い抱きしめて
僕の前を走り抜けていく
恋すると、君は
長い髪をなびかせて
明日へと ほら かけ出して行く

by細川智則

| | コメント (0) | トラックバック (0)